スポンサーリンク

このブログのきっかけにもなっているんですが、僕は自分の子供が好きになれませんでした

 

 

昔から僕は子供が好きでした

子供の好きなこと、まぁツボがわかるというか、、、

だから子供と少し遊ぶと寄ってくるわ、まだ遊べ遊べと言われるわ

 

 

そんな自分も結婚し男の子が産まれました

まぁ欲しかったのは女の子でしたが、、、

 

 

産まれてみんなに言われるんですよね

「あかちゃんかわいいでしょう」

って

 

そりゃそう言われたら

「かわいいですねー」

なんて返しますよ

 

 

んー

 

 

 

んー

 

 

 

どうしよ

かわいいって思えない、、、

 

 

だからなのか独身時代同様に自分が一番という感覚が抜けず

 

毎夜ネトゲ

週末は飲み会

嫁が実家に帰ればスロット

 

しょっちゅう怒られてました

むしろ呆れられていました

 

 

ただ自分は看護師なので、オムツを替えたり風呂に入れたり、着替えをさせることは得意

まぁ得意というより仕事みたいな感覚で出来ちゃっていました

 

そんな時言われるんですよね

イイ旦那さんだね

って

 

 

なんかそう言われるのが嬉しくて

それだけをモチベーションにして子供の面倒をみている状況でした

 

 

ほぼ毎日お風呂は一緒に入ったし

ほぼ毎日寝かせつけも抱っこでしたし

自分がいる時間は毎回オムツ交換をしたし

出かけるときはほぼ自分が子供を抱っこ紐にいれたし

 

 

 

 

 

 

それでもやっぱり

自分の子供が好きになれなかった

 

 

 

 

 

ある日『そのこと』を嫁に話した

嫁は

悲しい

そう言って泣いていました

 

 

 

 

生後半年くらいになって

子供が離乳食を始めた頃

 

 

お互い椅子に座り子供がお粥を食べた後

口の周りにお粥がついた顔でこっちを見て

抱っこしてと言わんばかりに

自分に手を伸ばし笑った、、、

 

 

 

初めて子供が自分を認識し

父として受け入れてくれたようで

 

 

 

 

 

自分は泣きました

 

 

 

 

 

その日から自分の子供が好きになれました

 

 

 

振り返ってみれば

モチベーションの保ち方に多少問題はあると思います

自分の子供がすきにはなれなかったけど、

ほぼ毎日子供とは関わっていました

ちゃんと関わりをもっていれば

いつか子供は反応してくれる

子供の嬉しそうな反応があれば

父として子供のことを好きになれるのかな

 

 

 

 

イイ父だね

 

 

 

 

イイねが欲しいためにインスタをやってる女子と同じかもしれないけど

自分が子供を好きになれた一番の言葉

 

魔法

 

そんなような気がしています

 

 

だから

正論じゃなく

綺麗事じゃなく

ちょっと人間臭い

欲にちょっとまみれてしまっても

子供と関わる時間が増えるような

 

 

そんな事を書けたらイイなぁって思います

スポンサーリンク
おすすめの記事