スポンサーリンク

今回はイイチチ欲しさの失敗談を1つ

 

前にも述べたが

自分は子供が好きだ

だから自分の子供と公園に行っても

周りの子たちを巻き込んで遊んでしまう

 

 

いつしか周りの親から感謝されたり

イイお父さんねぇ

を頂く

 

いつものごとく

 

 

はい頂きました

どうもイイ父です

 

 

さらに自分の頭の中の計算では

 

父は子供たちの人気者

=子供も鼻高々

 

と勝手に思い込み

調子こき太郎で遊んでいた

 

 

どうしても他の子を巻き込んで遊ぶと

一番年上の子に合わせた遊びになる

その子が小学生だったりすると

うちの5歳や2歳が一緒に遊ぼうなんて無理だ

 

 

ネトゲマルチプレイに誘われ

レベル稼ごうぜ!

俺についてこいよ!

敵は俺が倒すからおまえはアイテムをとれよ!

 

 

などといわれハードル高めのクエストに挑み

ひたすら安全な場所に居続け、効果があるんだかわからない補助魔法を繰り返すという

まぁつまらない思いをしたことを思い出すと

 

 

我が息子、我が娘よ

 

 

そりゃつまんねーよな

 

 

ただイイ父の魔法にかけられた父は

気づくことなくその場の戦闘を終え帰宅

 

 

そして

息子の一言で我に帰る

 

 

息子「Tさんは子供好きなの?」

自分「前も言ったが昔から子供は好きだよ」

息子「じゃあ

 

 

 

なんで

僕と

遊んでくれないの?

 

 

 

 

 

ドゥフ、、、

 

ゲホッ

 

 

息子よ

父に刺さったぞ

 

 

まとめ

  • イイチチ欲しさに子供第一を忘れるな
スポンサーリンク
おすすめの記事